シワアユの記憶倉庫

レトロゲームの感想をメインに、興味のあることを書いています

2021 春の選抜甲子園 第3日目

またウマ娘を1日挟みましたが、今回も選抜甲子園の結果を書いていきますね。

 

では早速、3日目の結果はこちらです。

 

第1試合

具志川商8ー3八戸西

 

 

21世紀枠対決を制し、具志川商が甲子園初勝利!

 

2回に4連打などで一挙4点を先制すると、

 

4回にはスクイズ、6回には犠飛で1点ずつを加点。

 

2点を返された直後の7回には、相手のミスから2点を加え、リードを広げました。

 

 

投げては、先発の新川が7回2失点のピッチング。

 

その後は、粟国が2回を自責点0にしのぎ、反撃を封じています。

 

 

一方の八戸西は、先発の福島が5回5失点と、試合を作れませんでしたね。

 

打線も、7回に桐山の2点タイムリーで反撃のきっかけは作りましたが……、

 

その後のミスによる2失点で、流れを止めてしまいましたね。

 

第2試合

福岡大大濠2ー1大崎

 

 

接戦を制し、福岡大大濠が勝利。

 

先発の毛利が、9回1失点10奪三振の好投で、見事完投勝利をあげました。

 

 

打線は2回に、相手のミスや四球でチャンスを広げると、8番・松尾が2点タイムリー。

 

これが結果的に、チームの全打点となりましたね。

 

 

一方の大崎は、2回のミスが痛かったですかね。

 

先発の坂本は9回2失点の粘投を見せ、打線も7回に1点は返したんですが……。

 

追い付くことが、できなかったです。

 

第3試合

明豊10xー9東播磨

 

 

両軍合わせて21安打・21四死球と、荒れた展開で点の取り合いとなった試合は、延長戦にもつれ込み、明豊がサヨナラ勝ち。

 

 

延長11回に、四球・安打・エラーで無死満塁のチャンスを作ると、

 

東播磨・鈴木の投球が、後ろに逸れる間に、3塁ランナーが帰り、試合が決まりました。

 

 

一方の東播磨は、思わぬ形での悔しい敗戦。

 

一時は着けられた4点差を、7回に3点、土壇場の9回に1点をあげ追いついたんですが……、

 

その後は点を奪えませんでしたね。

 

 

以上、選抜甲子園3日目の結果でした。

 

結果を書いているだけの記事ですが、この記事が少しでも、誰かの何かの役に立てば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m