シワアユの記憶倉庫

レトロゲームの感想をメインに、興味のあることを書いています

2021 春の選抜甲子園 第4日目

今回も、選抜甲子園大会の結果になりますね。

 

では早速、大会4日目の結果は以下の通り

第1試合

市和歌山1xー0県岐阜商

 

緊迫の投手戦を制し、市和歌山がサヨナラ勝ち!

 

9回裏に、5番・平林の安打と、四球で1死1・2塁のチャンスを作ると、

 

7番・亀井がセンターに弾き返し、試合を決めました。

 

 

投げては、先発の小園が9回無失点8奪三振の好投。

 

県岐阜商打線を封じ、見事に完封勝利をあげています。

 

 

一方の県岐阜商は、打線が散発の4安打と繋がりませんでしたね。

 

先発の野崎は、6回無失点。

 

2番手の松野もしのいでいたんですが、9回につかまりました。

 

第2試合

智辯学園8ー6大阪桐蔭

 

1回戦屈指の好カードは、智辯学園が勝利!

 

1回に、相手先発が乱れる間に、一挙4点を先制すると、2点を返された直後の6回には、森田の2点タイムリーなどで3点を加点。

 

8回にも1点を加点し、大阪桐蔭を突き放しました。

 

 

一方の大阪桐蔭は、悔しい敗戦。

 

打線は10安打で6得点と、後半に追い上げを見せたんですが……。

 

投手陣が、踏ん張れませんでしたね。

 

投手陣は、被安打5ながら四死球は9と、制球に苦しみました。

 

第3試合

広島新庄1xー0上田西

 

延長にまで突入した、緊迫の接戦を制し、広島新庄がサヨナラ勝ち!

 

12回裏に、2死から3番・瀬尾が安打で出塁すると、続く4番・花田がライトにツーベースを放ち、試合が決まりました。

 

 

投げては、先発の花田が8回途中無失点の好投。

 

2番手の秋山も、12回までを封じ、完封リレーを達成しています。

 

 

一方の上田西は、悔しい敗戦。

 

広島新庄を上回る8安打を放ちましたが、ホームが遠かったですね。

 

 

先発の山口は、粘りのピッチングを見せていましたが、12回につかまりました。

 

 

以上、選抜甲子園大会4日目の結果でした。

 

結果を書いただけの記事ですが、この記事が少しでも誰かの何かの役に立てば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m