シワアユの記憶倉庫

レトロゲームの感想をメインに、興味のあることを書いています

MENU

ウマ娘プリティーダービー のんびり無課金プレイ日記Part184 メインストーリー5章 感想

今回も、遊んでいくのはウマ娘

 

まだ、サジタリウス杯やレジェンドレースもやっていますが……、

 

今回は、時を同じく公開された、メインストーリー5章をやりましたね。

 

 

まず今回のメインストーリーは、4つのレースがありました。

 

メインキャラなので、どのレースもサイレンスズカを起用すれば、絶好調で挑めますが……。

 

持ってない方は、持ち前のキャラで頑張りましょう(^_^;)

 

 

第1レースは、1着が条件ですが、敵は強くてもC+止まりなので、大丈夫かと思いますね。

 

第2レースは、2着以内と条件は緩みますが……、敵にSランクのナリタブライアンが居るので、ここで1着を取るのは、5章最大のやり込みとなりそうです。

 

 

第3レースは、条件が5着以内。スズカに加えタキオンも絶好調で挑めますが、その分より強力なデバフスキルを貰う事になりますね。

 

Aランクが2人、Bランクが5人いるので、育成に慣れてないと、厳しいかも知れません。

 

因みに私は、A+のエアグルーヴで挑んだところ、1位は取れたので、ナリブを倒すよりは楽だと思います(^_^;)

 

 

そして、第4レースは条件が1着で、逃げがAのキャラだと絶好調に。

 

更にスズカだと、特別な金スキルが取れますね。

 

敵はBランクがちらほらいますが、第3レースをクリア出来てれば、大丈夫かと思います。

 

 

では、続いて、ストーリーの感想になりますが……。

 

私は、モデルとなったサイレンススズカが好きで、色々思う事もあるので、かなりネタバレをした感想になってしまいますね。

 

なので、まだ見ていない方は、ここから先を読まない方が良いかも知れません(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ改行すれば、大丈夫ですかね?(^_^;)

 

では、ストーリー5章なんですが……、一言で言うと、本当に良かったですね。

 

スズカのデビューから、順番にちゃんとレースを追っていってくれましたし、流石に弥生賞のゲートくぐりは無かったですが、

 

エアグルーヴに敗北や、そこからの覚醒。

 

特に伝説の金鯱賞は、非常にカッコ良く描かれていました!(フクキタルはかわいそうでしたが(^_^;))

 

地味に、フロックじゃないの小ネタなどがあるのも、競馬ファンの方にはうれしい要素でしたね。

 

 

そして、エアグルーヴを下した、宝塚記念を迎えた所で、話数は後1……。

 

それを見たときに、あぁ、デモや第1話で、描いていたのは不安をあおる演出で、ライスシャワーの時のように、最後のレースは描かずに終わってくれるのかなぁ、と思ったんですが、

 

最後の1話は、エルコンドルパサーグラスワンダーをちぎった、伝説の毎日王冠をすっ飛ばし、天皇賞(秋)から始まりました……(-_-;)

 

のっけから、悲しそうなBGMを響き、始まるレース。そして、向かえた大ケヤキ

 

運命の場面で、希望が見えなくなるような、演出を見せた後……、思いを背負って走る『ウマ娘』のスズカは、みんなの思いに背中を押され、さらに加速!

 

そのまま、ゴール版を駆け抜け、見事に天皇賞(秋)を制してくれましたね(T_T)

 

 

この場面を見たときの私の気持ちは……、正直、良かったという気持ちと、これやっていいのか? と言う気持ちが半々でしたね(^_^;)

 

4話の最後で、ナリタブライアンビワハヤヒデが対決するifの有馬記念はありましたが、そこでは、順位は描かず。

 

なのでこれが、メインストーリーで初めて、史実とは違う順位を描いた結末となりました。

 

なので、大丈夫なのかな? と思ってみていると、その後これは『ウマ娘』ということを強調していましたね(^_^;)

 

 

ウマ娘は、夢の世界や誰も見たことのない『景色』を見せてくれる……。

 

そのことがわかったので、その後の『景色』のセリフが胸に来ましたね(T_T)

 

 

これが出来たとなると、これからのストーリーの展開が気になるところ。

 

特に、スズカとのデュエット曲を披露したタキオンも、ifを考えたくなる馬なので、とても楽しみです!

 

 

では、次回の記事でも会えることを祈りつつ……。

 

この記事が少しでも、誰かの何かの役に立てば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m